株式会社ビルシステム

マンション管理・ビル管理・不動産事業・マンションアクアインテリアのビルシステム

  • HOME
  • 会社概要

管理業務のご案内

ビルシステムならではのコストパフォーマンスと一貫したトータルファシリティマネジメントを行います。

出納・会計業務

◆収納する管理費等については、口座振替により銀行・ファイナンスサービスとのオンラインを通じ、早くて正確な入金確認を行ってまいります。(毎月27・5日(選択)引き落し※休日の場合は翌営業日)

◆管理費等の入金確認後は、月次支払い処理をした後、直ちに管理組合指定口座(管理組合理事長名義)にお振替致します。(27日引き落としは翌月10日前後・5日引き落としは翌月15日前後となります。)

◆修繕費等一時的に多額の費用を要する場合は、都度、その指示(支払い伺い書)に基づき支払業務を行います。

※当社では、管理組合毎の預金等の所管・帰属先をより明確にするために、預金口座・金融商品等の名義はすべて管理組合理事長名義とさせて頂いております。通帳等の保管に付きましては協議のうえ決定致します。

マンション運営に伴う主な管理費用

●共用スペースの水道・光熱費
●共用スペースの清掃費
●諸設備の保守、点検費
●通信費(電話・郵便)
●補修・修繕費
●管理委託費
●設備・消耗品
●その他費用
●共用スペースにかかる損害保険料

未納金の管理・対策

◆管理費等の未収状況は、発生・回収状況や督促状況を正確に把握し、毎月管理組合にご報告致します。

◆管理組合における未収状況への対策時期・方法等、マニュアル化などのご提案により、管理組合内における対策姿勢の事前PRや、未収金の原因・状況に応じた早期回収のご提案を行います。

管理費等の会計処理の流れ

予算案・決算書の作成提出

◆会計年度開始の1ヶ月前に、事業計画案・予算案書の作成、提出を致します。

◆会計年度終了後2ヶ月以内に事業報告書を含む収支決算書を作成、提出致します。

※会計年度終了時期には、期中の月次報告をとりまとめた年度毎の事業報告次年度引き継ぎ資料の作成により、毎年 スムーズな業務引き継ぎが図れます。

組合運営補助

◆定例・臨時で行われる総会・理事会に出席し、管理業務の定例報告や各種懸案に対する調査・レポートや経験豊富な管理スタッフの知識、ノウハウから、改善・対策の提案を行います。

◆各施設への効率的運営の提案、使用細則(案)の見直しや、季節・経年毎の広報等の作成を行います。

管理業務

管理員業務

経験豊富な管理員が皆様のマンションライフのお手伝いをいたします。

受 付 マンションの窓口として、管理事務室にて居住者、来訪者の応対を行います。
点 検 定期的に巡回し、建物、施設、設備等の点検を行います。
設備監視 設備、施設の作動状況を常に確認し、非常時に備えます。
立会い マンション内の設備等の保守点検や工事に立会います。
清掃補助 エントランス、ゴミ置場、駐車場などの整備、美化に努めます。
連絡報告 入居・退去届や、日常の巡回結果などをビルシステム本部に報告します。

大規模修繕工事

大規模修繕工事の必要性 建物は建設時から年数を経るに従い、その機能・性能の低下は避けることが出来ません。もちろん避けられないからといってそのままにしておくと、劣化は加速度的に進行していきます。建物全体の劣化を食い止めるには、タイムリーな修繕や改良を行い機能・性能を維持・保全する必要があります。建物の維持・保全には、物理的な特性や施設機能の状況を正しく理解した上で、計画的に実施する必要があります。

詳細はこちら

長期修繕計画の作成

建物の維持・管理をしていく上で、今後20~30年間にやらなければならない修繕内容と時期、それに必要な費用、さらにその費用をどのように確保するか等を明確にし、修繕積立金との相関関係をはっきりさせるシミュレーションを「長期修繕計画」といいます。

詳細はこちら

建物診断の実施

長期修繕計画は、長期的に見たシミュレーションであり、実際に修繕実施時期が近いからといって、必ずしも実施する必要があるとは限りません。そこで、実施時期が近づいた時点での「建物診断」を行い、修繕が必要かの判断をします。

詳細はこちら